白蟻が食べるのは木材だけにとどまらない~断熱材まで被害に~

住宅に使われている断熱材までも食べてしまう 住宅に使われている断熱材までも食べてしまう

白蟻は断熱材も食べるのか調べてみよう

一般的に白蟻と聞くと畳や木材などの素材を食べるという印象があります。しかし白蟻は畳や木材以外でも食べてしまうのです。ですから木製でできた部分以外の場所も、白蟻によって被害を受けることがあります。

駆除業者に聞いた白蟻の生態に関するQ&A

白蟻は木材しか食べないのではないのですか?
白蟻は木材以外のものも食べることがあります。例えば、枯れた植物やプラスチック、コンクリートなどが挙げられるでしょう。特に、白蟻が固いコンクリートまで食べるなんて想像もつかないはずです。他にも動物の死骸も食べるといった肉食的な一面も持っていることも意外だといえるでしょう。また木の中でも、防虫効果があるとされているヒノキなどの木材は食べないと安心している人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。ヒノキなどの木材も食べことがあるので注意しておきましょう。
断熱材を使うと白蟻被害が発生しやすくなるのは本当ですか?
本当でしょう。断熱材も白蟻が好んで食べることが多いです。理由としては、やわらかくてかじりやすいからだとされています。また外壁内には白蟻の天敵となる生物もいないため、白蟻にとっては快適な空間となるのです。このことから、新築住宅を建てる際に防蟻剤を練り込んだ断熱材も使用されることがあります。しかし、防蟻のみの対策を行なって家を建てるわけにもいきませんので、優先すべきところを考えながら新築の計画を立てていきましょう。

白蟻が食べるのは木材だけではありません。コンクリートや断熱材、死んだ動物の亡骸でも貪ります。外断熱工法によって建てられた住宅は白蟻の被害に遭う可能性が高いので、できるだけ断熱材を多用しないようにしたいものです。

白蟻被害の実例をチェック

白蟻は床下から侵入してくることが多いとされています。他にも、外から飛来してやってくるケースも珍しくありません。いつどこから侵入してくるか分からないというのが、白蟻の怖いところといえるでしょう。ここでは実際に白蟻被害を体験した人達の口コミを紹介します。

白蟻被害に遭った方の口コミ

住宅の柱や床束がボロボロになってしまいました(40代/男性)

最近、壁の中で物音がするだけでなく、床が脆くなってきていたので白蟻駆除業者に依頼して点検してもらいました。そうすると、白蟻被害を受けていたことを知ったのです。業者の人が言うには、柱や床下がすでにボロボロだそうです。自分の家は大丈夫だと考えていましたが、考えが甘かったことを今回知らされました。家は洋風な作りになっているので、柱が露出していません。そのため、白蟻による被害に気づくことができなかったのです。

トイレや浴室で被害が発生して驚きました(30代/女性)

自宅のトイレや浴室は、タイル貼りです。そのため、もともと湿気がこもりやすい場所ではあったでしょう。でも、まさか白蟻の被害に遭うとは思いもしませんでした。そのため、白蟻を見つけたときは、ゾッとしましたね。見つけてすぐに業者に来てもらったところ、タイル貼りは被害が多いとのこと。今は、被害の少ないユニットバスや床張りのトイレに変えようかと検討しています。

白蟻被害に遭うと、住宅に何かしらの変化が現れます。新しく建てた住宅だから大丈夫だと油断しないようにしましょう。家の周辺に白蟻らしき虫を見かけたら警戒しておくと良いです。白蟻はどんな場所にでも発生する恐れがあるので、早めに駆除・予防を行ない対策しましょう。

TOPボタン